真性包茎とは

スマートフォン

包茎には種類がいくつかあり、その中でも真性包茎は一番手術を行ったほうが良いと言われています。
真性包茎とは、勃起時にも亀頭に皮が被っている状態であり、勃起をしていてもペニスの大きさが一般的にサイズが小さいです。
男性はペニスが小さいと性行為する場合、相手の女性を満足させることができないとコンプレックスにしている人がいます。

この真性包茎が、なぜ手術をする必要があるのかというと、勃起をしても皮を被った状態であることに原因があります。
ずっと皮を被った状態だと、内部に汚れが溜まってしまい、衛生的に良くないからです。
普段から毎回、お風呂の時などは綺麗に洗わないと、細菌が発生したり性病の原因となったりするためです。
一日でも洗わなかったりすると、匂いが出てしまい、突然の性行為など異臭を放つこともあります。

そんな事にならないためにも、真性包茎は手術をして皮を剥いてあげることが大切なのです。
男性性器の問題なので、なかなか人に言えずに1人で抱え込む人もいますが、世の中にはいろいろな病気を持っている人がいます。
ちゃんと評判のある専門病院などに行くと、同じ悩みを持った人達が沢山います。
自分だけでは無いので、安心して専門の病院を探し通院して治していきましょう。

また、手術の面でも評判のある病院を選択しましょう。
これで、悩みが解決し、パートナーとも性行為が楽しめることです。

仮性包茎とは

包茎のもう一つの種類が、仮性包茎と呼ばれているものです。
仮性包茎は、真性包茎と違って通常の時は皮を被っていますが、勃起時には皮から出てきます。
勃起している時は、通常の人と何ら変わりはないので、そこまで悩んでいる人もいませんし、性行為で問題になることもありません。
ですが、勃起時以外は、皮が被っている状態なので小さいと悩む人はいます。

そんな仮性包茎は、多くの男性におきている症状でもあり、手術をしてまで治療するという人は少ないのです。
とはいえ、衛生面では真性包茎と一緒で、普段は皮を被っているので綺麗にする必要があります。
入浴時には、皮の中の汚れをおとして性病などにならないように清潔に保つように注意することです。

そういう毎回洗う事が面倒な人や、仮性包茎のままでいるのが嫌な人は手術で改善することができます。
また、自分だけが仮性包茎なのかと気になる人なら、ネットなどで評判を調べて人気が高い病院で手術を行う方が良いです。
仮性包茎の様な、性行為に支障が出ない場合でも早めに対処した方がよいです。

オススメリンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031